キャッシングというのは計画的に使えばとても心強い味方となるものですが、しかし初めて借りる人にとっては色々とややこしい言葉などもあって多少ハードルが高くなるかもしれません。キャッシングの用語の中でも比較的聞いたことがあるものには「総量規制」というものがあります。

この総量規制というのは2010年に改訂された貸金業法に制定されているものであり、こちらにはキャッシングの借り過ぎで起こるトラブルを防ぐための目的があります。その総量規制にはまず年収の1/3以上の借入を禁止するものと、二つ目には借入金額が50万円を超える場合の申し込みには収入証明の提出を義務付けられたという点があります。こちらはどちらも借り手の返済能力が存在するかどうかを確認するというシステムになっており、これによって主婦やアルバイトなどの借り過ぎトラブルが少なくなったという報告もあります。ですがこの総量規制に関しては例外項目があり、それはおまとめローンと銀行系ローンの二つがあります。こちらは扱う対象から高額の借入となるのですが、金利的にも低めのものとなっており双方にとってメリットが高いものとなっているため、例外項目として制定されているのです。このようにキャッシングに関してはこの総量規制ということを考えて自分に合ったものを選ぶのがいいでしょう。