消費者金融や銀行でお金を借りる時には、年齢制限はあるのでしょうか。答えはあります。やはり誰でも借り入れできるという事ではありません。ここでは消費者金融のキャッシングやカードローンの年齢制限について解説します。

・年齢制限は20歳以上、69歳以下 キャッシングを利用する時には職業や年収などをいろいろな項目を見られて審査が行われます。そしてそのチェック項目の中には年齢も含まれます。ですからこの年齢制限で引っかかる人は審査に合格できません。

 そしてこの年齢制限ですが、申し込みができる年齢条件が金融機関により違いがあります。特に65歳以上の人が融資を受けたい時にはなかなか大変です。64歳以下の人なら安定収入さえあれば、カードローンの審査も合格できるところが多いです。

 キャッシングやカードローンは未成年者は利用できません。20歳を超えていない人は消費者金融も銀行も相手にしてくれません。70歳を超えている人は普通多くは審査に合格は難しいです。ちなみにジャパネット銀行や新生銀行カードローン、レイクなどは無利息サービスがあるので、サービス内容が消費者金融に近く、年齢制限も70歳未満や70歳以下と高めになります。基本的にはやはり高齢になるほど、融資してもらうのは難しくなりますが、可能性はありますからあきらめないで探してみましょう。