お金を借りた時は、月々決められた金額をきちんと返済しましょう。キャッシング会社や銀行は、無理のない返済プランを作ってまで、その返済を支援してくれているのですから、プランを破って貸してくれた相手を裏切るような真似をしてはいけません。故意であろうとなかろうと関係はなく、返済日をうっかり忘れるのも、お金が足りず返済できないのも、結果としては同じです。

毎月の返済を果たせなくても、最終的に完済できればいいのだろうという風にいい加減な態度でいると、キャッシングサービスからの信用を失うことになります。お金を貸す側にとっては、返済がスケジュール通りにされず、滞りを見せること自体が大きなストレスですから、終わりよければ全てよしとはなりません。

借金返済を滞らせた、延滞に伴うペナルティを支払ったという記録は、ブラックな利用者の情報として何年も記録されます。ブラックリストは一つのキャッシング会社に止まらず、キャッシング業を行っている全てのサービスの中で共有され、その後の借り入れの大きな障害となるでしょう。借りたお金をきちんと返さないルーズな人としてリストにのってしまえば、収入があっても審査に受からないなど、まとまった借り入れを難しくさせます。